セーリング

now browsing by category

 

レイジージャックの利害得失

Q: シングルハンドで、セーリングしております。
30フィートのメインセールは、重く、 バッキングで畳もうとやってみたんですが、難しいです。
メインセールを下す時に セールを雑索で結ぶまでが、大変です。
荒れた海では、なおさらです。 レイジージャックをご検討いただけないでしょうか。
また、別の方法があれば、ご意見を伺いたいです。

 

A: レイジージャックは便利に見えますが、万能ではありません。以下の表で利害得失を判断できます。

レイジージャックが無い状態での問題点は、下の表にあるように、一人ではセールを畳みにくい点です。
そこで改善のために、セールを一気にバッギングするのではなく、バッギングする時に、始めにラフ側をある程度丸めてから、まず雑索でブームへ仮止めする。
次にリーチ側をある程度丸めて、ブームへ仮止めする。
この手順を2回繰り返せば大丈夫です。
作業時には、風をはらまさないように注意が必要です。

 

 レイジージャック 有り  レイジージャック 無し
 1.セールを上げるとき  完全に風に立てないと、ヘッドやバテンがレイジージャックのロープに引っかかる。  セールをシバーさせれば上げられる。
 2.セールを下ろすとき  ラフをスライダーにしないと、ラフ全体が外へこぼれ落ちる。  一人ではセールを畳みにくい。
 3.リーフするとき メインハリヤードを下ろすとブームエンドが下がるので、トッピングリフトを調整する必要がある。  パーマネントトッピングリフトなら、調整の必要なし。
 4.メインセールカバー  レイジージャックが収まるための切り込みをカバーに設置する必要がある。  現状でつかえる。

セーリングの時、ジブがばたつくのは、どこが悪いのか

ジブがばたつくのは、3つの原因が考えられます。

  1. セールトリムの不適切。ジブシートが緩すぎて、ルーズトリムとなっているために、風がジブから逃げてしまい、ジブが裏風となって、バタバタする状態となる。
    対策:ジブを風位に合わせて、適切にトリムする。
  2. セールトリムが適切であるならば、ジブがツイストしてジブの上半分から風が逃げ、1と同じ現象となっている。
    対策:ジブトラックのジブシートリーダーを前方へ移動させ、ツイストしないようにする。
  3. ファーリングジブを縮小して使う場合は、2の対策が必要となる場合が多い。ファーリングジブの大半は、リーフして使うことを前提としていない事に起因する。

 

ZEN24 レース仕様のリギンテンション

Q:因みに、アッパーとロワーのシュラウドの最大テンションは何ポンドでしょうか? また、フォアステイの最大テンションも教えて下さい。

 

A:ZEN24では特にリギンテンションの規定は設けておりません。通常はルー ズテンションにセッティングしています。レーサーはジブのサギングを防ぐため に、リギンすべてを強く張りますが、テンションをかけ続けるとFRPのハルや構造 に残存ひずみを与えることになります。

クロースホールドで風下側ガンネルが水に付くくらいヒールした状態の時に、風 下側シュラウドが少したるむ程度にして下さい。

またマストをベンドさせないように、シュラウドをバランス良く調整してください。ロアーシュラウドは、マストグルーブを下から見上げてマストがサイド ベンドしないよう左右のテンションを調整してください。

夜間の機帆走について

Q:夜間に機帆走する場合は、前照灯、船尾灯、両舷灯を点灯しますが、この場合ジ ブセールを使うと、ジブの展開側からは前照灯が見えない角度が出来てしまいま す。夜間の機帆走では、ジブセールは使わずに、メインセールだけを使うのが正 しいのでしょうか? また、マストトップに三色灯が無いヨットで、夜間帆走(エンジンは使わない) する場合は両舷灯と船尾灯を点灯しても良いでしょうか?

A:ヨットで夜間に機帆走するとき、マスト灯(前部灯)の取り付け場所 によっては、灯火がセールの陰に隠れて見えなくなる場合があります。日本小型 船舶検査機構に確認したところ、「規定の灯火が6度以上隠れてはならない。」 とのことです。従って灯火がジブで隠れる場所に取り付けられている場合は、ジ ブを使用することができません。 夜間帆走する場合の灯火については、一般的な長さ7メートル以 上のヨットが夜間帆走するときは、両舷灯と船尾灯を表示することになっています。

ティラー長さについて

Q:何度かセーリングしている中で、ティラーの長さが、タックなどの際に気に
なるのですが、これは例えば、金具から出ている角ばった部分の長さだけ切り落
とすと、どんな影響があるでしょうか?

A:ティラーはテコの原理でラダーを動かします。一般的には、ティラーの長
さが短くなると大きく舵を切った時や強いウェザーヘルムがかかった時などにテ
ィラーが重くなってしまいます。
ZEN24の場合はウェザーヘルムが少ないので、ティラー長さが少し短くなっ
ても大きな影響はないと考えられます。切るのは10cm以下をおすすめします。

ランニングリギンのキンク

Q:ランニングリギン、特にジェネカーハリヤードがかなりキンクしてしまうのですが、どんなシートにすると良いでしょうか?

A:ZEN24に使用しているロープ類は全てキンクしにくいものを使用しています。ジェネカーハリヤードのスナップシャックルには、キンクしにくいようにスイベルが付いています。
ハリーヤードをコイルする際はマスト側から時計回りにロープをコイルしてください。ロープの端からコイルしていくとロープに撚りがたまってキンクしてしまいます。