メンテナンス

now browsing by category

 

アンカーウェイトの作り方

アンカーウェイトは、市販の部材を利用して簡単に自作することが可能です。

  1. 漬物石・・・数量1個、ホームセンターで売っている5kg位のもの。プラスチックで覆われているので錆びにくく、収納がしやすい。
  2. シャックル・・・材質ステンレス製、太さ14mm以上、数量1個
  3. リードロープ・・・太さ8mm~10mm、長さ10m、1本
  4. ダブルシートベンドはこちらを参照してください。
  5. ボウラインノットはこちらを参照してください。
  • アンカーを打ち終わり、アンカーの効きを確認した後に、アンカーロードヘシャックルで取り付ける。その後リードロープでアンカー側へ送り込む。リードロープの手元は、スターンパルピットなどへ結ぶ。
  • アンカリングの手順はこちらを参照

Zen24のハリヤードをダイニーマへ交換したい

Q

ジブハリヤードをダイニーマのロープに交換しようと思いますが、太さは何ミリが適当でしょうか。

A

ジブハリヤードをダイニーマのロープに交換するときは、現在と同じ、外径8mmをご使用下さい。
ハリヤード用のダイニーマのロープは、芯部のダイニーマの外周をポリエステルでカバーして、UVからダイニーマを守る構造となっています。
強度上は外径6mmでも十分ですが、引くときに細くて手が痛いので、8mmをおすすめします。

 

PSS装着艇下架時の注意点

Q:今、船底整備で上架しているのですが、海に浮かべる時にPSSに対して何らかの対応が必要なのでしょうか。

A:PSSを装着した船は、上架するとシール内に空気が入ります。そのまま下架すると、海水がシール面まで届かず、海水による冷却・潤滑効果を妨げるので、下架した後は必ずシール内の空気を抜く必要があります。

両手でカーボンフランジを船尾側に押し、ステンレスローターとの間に隙間を作ると、空気が抜けてシール内に海水が入ります。この時船内に海水が漏れてくることがありますが、カーボンフランジから手を放して元の状態に戻すと、水はすぐに止まります。

ランニングリギンのキンク

Q:ランニングリギン、特にジェネカーハリヤードがかなりキンクしてしまうのですが、どんなシートにすると良いでしょうか?

A:ZEN24に使用しているロープ類は全てキンクしにくいものを使用しています。ジェネカーハリヤードのスナップシャックルには、キンクしにくいようにスイベルが付いています。
ハリーヤードをコイルする際はマスト側から時計回りにロープをコイルしてください。ロープの端からコイルしていくとロープに撚りがたまってキンクしてしまいます。

Y23の納艇前整備の一部を公開!

現在、アオキヨット整備ヤードではY23の納艇前メンテナンスを行っています。

艇の大きさに関わらず、納艇前にはバフ掛け及び、痛んでいる木部の補修を行います。
紫外線によりボロボロになっていたティラーも蘇り、艶のなくなっていたハルも今は綺麗な光沢が戻りました。
同じように、内装の細かい木部も、痛んでいる部分は綺麗なニス仕上げでピカピカです☆

ヤマハ25ML I/B について教えてください

Q1: 喫水についてキール部と舵の一番底先まで水面からそれぞれどの位の深さがありますか

A:カタログ上の喫水(水面からキール下端までの深さ)は1.52メートルです。

カタログ上では水面から舵下端までの深さは出ておりませんが、図面から換算しますと、おおよそ0.98メートルです。

 

Q2. 燃料の軽油ですが、皆免税価格で一般より安く買えると聞きますが、その免税価格で 購入するのに手続きが必要と思いますがどのようにすればその安い価格で買えますか

A:免税軽油とは、軽油購入時にかかる軽油引取税という税金を免除してもらって購入することです。手続きは艇を保管している場所を管轄する県税事務所に行います。複雑な手続きが必要とり、県によって多少異なるため、手続きの方法につきましては、直接県税事務所へお尋ねください。

免税となる金額は32円10銭/1リットルです。ヨットの場合、使用する燃料が非常 に少ない為、免税手続きをされている方はほとんどないと思います。

 

Q3. 軽油の燃料タンクの容量は、何リッター位入り、エンジンonly での走行で何マイルの距離が走れますか

A:Y25ML I/Bの燃料タンク容量は25リットルです。航続距離は気象、海象状況によって異 なります。一般的な燃料消費率1.5リットル/時間として計算すると、約16時間走れることになりますが、残量が少なくなると燃料系統に空気が入ってしまう場合があるので、実際には燃料残量が30パーセントくらいになれば給油された方がよろしいかと思います。