GPS魚探取り付け作業 50,400円~(税・商品代別)

近年の船用GPS魚探は性能も向上し、カーナビに引けを取らない機能で航海をサポートしてくれます。
より安全で快適な航海をするためにもGPS魚探の取り付けをお勧めします!

  1. 穴あけ
    マウント取付位置を決定し、ドリルで慎重に穴を開けます。
    写真ではコックピットで船を操縦しながら画面が観える場所に
    取付しています。また、使わない場合は船内に格納出来ます。
  2. 壁にGPS取付け
    まずはヨット専用のマウントをボルト、ナットで壁に固定。
    GPS本体もボルト、ナットでマウントへしっかり固定します。
  3. GPS用アンテナの取付け
    GPSアンテナやトランスデューサーは邪魔にならないように狭い所に取付ることが多いです。
    狭い所に潜る場合、怪我に気をつけ慎重に取り付け作業をします。
  4. 配線取付完了
    配線は特殊な工具を使い船内に引き入れ、先端も電工部品を使い処理します。
    配線処理は間違えるとGPS本体の故障にも繋がるので、慎重に仕上げます。

 

電気機器の取付には専門知識と技術が必要です。ぜひ青木ヨットにお任せ下さい!
各メーカーのGPS魚探、お取扱しています。まずはお気軽にお問い合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です