ハル塗装作業その一 1フィート 10,000円~(税別)

紫外線や潮風、擦り傷など、長年の使用でハルが痛んでいる艇は少なくないと思います。
ハル塗装は艇の傷を直し外観を美しくすると同時に、艇のイメージを一新します!
ここでは写真を使いハル塗装の手順の一部を紹介します。

  1. 下地作り(サンディング)
    綺麗な塗装に仕上げる為には下地を作ることが不可欠です。
    まずはハル全体を満遍なくサンディングします。
  2. 下地作り(パテ打ち)
    ハルには通常では気付かない細かい傷が無数にありますので、一つ一つ
    パテで埋め、もう一度サンディングします。大きな傷がある場合はこの段階で修理します。
  3. 下地作り(サフェーサー)
    塗装をより強力に密着させるため サフェーサーと呼ばれる
    塗料を吹き付けます。ここでも塗装面を整える為、再度サンディングします。
  4. 塗装(カラー)
    調合したウレタン塗料をムラにならないように丁重に吹き付けます。
    乾燥後、もう一度塗料を吹き付け二度塗りします。
  5. 塗装(クリアー)
    最後にウレタンクリアー塗料を吹きつけ、奥の深い艶を出します。
    乾燥後必要に応じてバフ掛けをし、ついに完成です!


ハルの痛みが気になる・・・
今のハルの色が気に入らない・・・
船のイメージチェンジをしたい・・・

 青木ヨットでは自動車の塗装以上の手順で時間と手間を掛け驚くほど綺麗に仕上げます。
また塗料の調合により、お客様の希望に沿った色に塗装する事が可能です。
オリジナルカラーで、世界に一つだけのヨットを作りませんか?まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

2 Comments to ハル塗装作業その一 1フィート 10,000円~(税別)

  1. 米田 総一郎 より:

    山形県酒田港のヨットの船体塗装はできますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です