オートパイロット取り付け作業 25,600~(税・商品代別)

オートパイロットは長距離航海が飛躍的に楽になる、非常に便利な装備です。
本体を舵にセットし方位を入力するだけで、目的地へ正確に操舵してくれます。

  1. 配線作業
    まずはオートパイロット用のスイッチと配線作業を行います。
    船のスイッチパネルに空きが無い場合は新たに増設します。
  2. 電源ソケット取り付け
    次にオートパイロットへ電気を供給するソケットを取り付けます。
    慎重に穴あけ作業を行い、配線を繋げてから船へ装着します。
  3. オートパイロット固定金具取り付け(船側)
    オートパイロット本体を艇に固定する金具を取り付けます。
    船により取り付け場所が違うので、慎重に測定し金具を取り付けます。
  4. オートパイロット固定金具取り付け(舵側)
    船によって舵の上に付ける場合と下に付ける場合があります。
    様々な取付金具があるので、オートパイロットが水平になる様に測定し
    お客様の艇に応じた金具を選んで取り付けて下さい。
    最後に本体を装着し、動作確認をし作業終了です。

 

オートパイロットを使っている最中も、もちろん見張り作業は欠かせません。
しかし沖で舵を持つ必要が無くなるので、航行中に食事を取ったり、船の進路を
保ったまま他の作業を行うことが出来ます。また、使わない時は簡単に取り外せます。
ご不明な点等ございましたら、まずは青木ヨットまでお気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です