機走での横着け着岸について

Q.インナーセーリング1の「機走での横着け着岸②」について質問です。⑦「もやいを取る」の説明で、前後に余裕のない場所ならビットにかけた後フネ側から1番もやいを引き、縮めてからクリートに結ぶとあります。ビットにはかけるだけで結ばずにフネ側で長さを調整し重ねて(始めに一番もやいをクリートに結んであるので)クリートに結ぶのでしょうか。又、2番もやいを持って降り、もやいの先をリングに結び、艇に戻って長さを調整しクリートに結ぶとあります。フネ側のクリートに最初に結んでおいた②番もやいの上から長さを調整しクリートに結ぶのでしょうか。

A.もやいロープの岸壁・桟橋側は、リング、ビット、クリートなどの係船金具に合わせた結び方で結びます。岸壁・桟橋側の係船金具がビットやクリートの場合は、あらかじめロープの端にボウラインノットで輪を作っておけば、金具に掛けるだけで岸壁・桟橋側を固定できると言う意味でこのような表現になっています。最初に岸壁・桟橋側のロープを固定し、フネ側でロープの長さを調整します。
また、2番もやいは岸壁・桟橋側のロープを固定した後、フネ側のクリートに最初に結んでおいた2番もやいを一度解いて、長さを調整してから改めてフネ側のクリートに結び直します。

2 Comments to 機走での横着け着岸について

  1. 近藤 晴則 より:

    離岸する時にフェンダーをしまったり、着岸する時にフェンダーを付けたりするのは、安全な港の中に入ってからやればいいとのことですが、ひとりで出港し、ひとりで帰って来る時は、港の中で、アンカーを下ろして、その作業をすれば良いのですか。港の中では、他の船の邪魔になったりすりので、港の外でやるのかと思っていましたが、やはり、外でフェンダーを取り外したり、取り付けたりするのは危険だと思うので、どうしたら良いのか教えて下さい。

  2. yohaoki より:

    アンカリングは、狭い行内では往来に支障を及ぼし危険なので行いません。港内でフェンダーの用意に要する時間は5分以内です。一人で用意をするときは、ティラーをショックコードで固定し、微速で走りながら作業を行います。次回に受講の際に、練習してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です