ZEN24 レース仕様のリギンテンション

Q:因みに、アッパーとロワーのシュラウドの最大テンションは何ポンドでしょうか? また、フォアステイの最大テンションも教えて下さい。

 

A:ZEN24では特にリギンテンションの規定は設けておりません。通常はルー ズテンションにセッティングしています。レーサーはジブのサギングを防ぐため に、リギンすべてを強く張りますが、テンションをかけ続けるとFRPのハルや構造 に残存ひずみを与えることになります。

クロースホールドで風下側ガンネルが水に付くくらいヒールした状態の時に、風 下側シュラウドが少したるむ程度にして下さい。

またマストをベンドさせないように、シュラウドをバランス良く調整してください。ロアーシュラウドは、マストグルーブを下から見上げてマストがサイド ベンドしないよう左右のテンションを調整してください。

2 Comments to ZEN24 レース仕様のリギンテンション

  1. 谷村 より:

    あと、ターンバックルの回し方ですが、手順としては上下のナットを緩めてから、ターンバックルの真ん中の穴を使って回すということで良いのでしょうか?回してもシュラウドごと回ったりすると、すぐにまた元に戻ることがあるのですが、何か良い方法はあるのでしょうか?

  2. 吉村 より:

    ZEN24のターンバックルは、お考えの通り上下のナットを緩めてから、真ん中の穴を使ってまわします。その際、ターンバックル上側のワイヤーをかしめてあるところの平らな部分にスパナをかけてワイヤーが回らないようにしてターンバックルを回してください。
    ターンバックル上下のナットはゆるみ止めのナットですので、リギン調整後締め忘れないようにご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です